【アンビリーバボー】日本理化学工業のチョークと製品の数々!キットパスで遊んでみよう!

5月17日(木)のアンビリーバボーは、

神奈川県川崎市にある、日本理化学工業さんという会社の特集です。

創業81年の歴史ある会社で、56年前から障がい者雇用を積極的に行っておられて

よくメディアでも紹介されているようですが

今回はその、障がい者雇用を始めたいきさつからのドラマドキュメントになるようです。

笑顔と優しさあふれる優良企業の秘密…知的障がい者が全体の7割の会社!小さな町工場に奇跡が!?働くことの本当の意味とは…あなたは何のために働いてますか?

番組HPより引用

働く人たちが、日本一幸せな奇跡の会社。

そんな日本理化学工業さんは、どんな会社なのか?

それが調べてみたら

とてもおもしろかったので!

ご紹介しますね!

日本理化学工業さんについて

日本理化学工業さんは、学校などで使う、黒板のチョークを作っている会社です。

http://www.jecto.co.jp/president_blog/

そのチョークの全国シェアは40パーセント!すごいです!

あなたの通った学校の、先生が使っていたあのチョークは

こちらで作られた物である可能性が大!ですね。

そしてこちらで作られているチョークは、

ダストレスチョークと言うもの。

ホタテガイの貝殻の粉末を原材料としていて、体にも優しく

●磨耗度が少なく、石膏チョークの
2倍以上使え経済的です。
●特殊工―ティング加工で手が汚れ
ません。
●短くなったチョークは砕いて土壌改
良剤として使えます。

日本理化学工業株式会社HPより

最近のチョークは、手も汚れなくなったし、粉も出なくなったな~と思っていたら

こういう事だったんですね。

しかも、短くなって使えなくなったら、天然由来でできているので

土に還せる。素晴らしいです。

本社は神奈川県川崎市で、工場は埼玉と、北海道美瑛にもあるようです。

番組で主にストーリーの軸となるのは、障がい者の方の雇用について。

全従業員の7割が、障がいを持たれている方々です。

こちらの内容は、テレビでしっかり放映されるし

これまでもテレビや書籍でたくさん紹介されているので、

ここではお話するのは止めておきますね。

社長さんの書籍も絶賛発売中!

働く幸せを感じたい方、必読かもですよ!

日本理化学工業さんの子供向け商品がすごい

チョークだけじゃないんですよ、奥さん。

小さなお子さんがいらっしゃる方、必見です。

これは楽しい!

その名も「キットパス」

見た目はクレヨンみたいですね!

でも、チョークでもなく、クレヨンでもない。

固形のマーカーだという事です。

こちらのキットパスのすごいところはこちら!

・ガラスなど、つるつるした面に書ける

・そしてそれを、濡れた布などで消せる

・粉が出ない

・水をつけると、絵の具のように色を混ぜたりできる

・原材料は、口紅に使われているパラフィン

書いて消せるので、おうちで思いっきり窓ガラスに落書きして

楽しんだりできますね☆

お子様だけでなく、レストランやカフェ、雑貨店など

お店のレイアウトにも最適かも。

http://www.rikagaku.co.jp/items/kitpas/kitpas_m1.html

とても楽しそうです!

想像力豊かな子に育ちそうです!

こちらのキットパス、Amazonからも購入できますので

気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

http://amzn.asia/14hg5eq

関東限定!キットパスの体験フェスティバル!

2018年6月16日(土)に、

キットパスの体験フェスティバルが開催されるようですよ!

神奈川県川崎市幸区堀川町66-20 4F
5月15日までにFacebookから参加意志表示して、当日参加した方には
キットパスを1本プレゼントだったらしいのですが
残念ながら期日を過ぎてしまいました。
でも、いろいろな使い方をダイナミックに試せる機会はなかなかないので、
お近くでご興味のある方は、参加してみてはいかがでしょうか?^^

まとめ

5月17日(木)放送のアンビリーバボーで紹介される

川崎市の日本理化学工業さんについてと

その楽しそうな商品について調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

この商品の開発と、広報の想像力はすばらしいと思います。

日本一幸せな会社、

日本一大切にしたい会社と言われる社長様始め従業員の皆さまの

のびやかな想像力が生んだ、

日本中のみんなを幸せにするチョークなのかもしれませんね☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする