【いわた書店】一万円選書は人気すぎて抽選!次回抽選日はいつごろ?当選の確率は?他に同じような書店はないの?

4月23日(月)放送の

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」

今回は北海道の書店「いわた書店」店長の

岩田徹さんが紹介されます。

北海道で小さな本屋を営む岩田徹(66)。

岩田が行うのは、予算1万円で客に合った本を選ぶ「1万円選書」。いま全国から注文が殺到!実に3000人待ちだ。

岩田は、応募者の読書歴や境遇などから、人物像をあぶり出し、人生に寄り添う「運命の1冊」を選び抜く。

バブル崩壊、出版不況…何度も廃業の危機にさらされながら闘い続けた町の本屋。

ゲスト高山一実(乃木坂46)が1万円選書を体験、岩田の流儀をひもとく。

~番組HPより~

北海道の小さな書店の店主がクローズアップされるのは

その長年の知識と書物を選ぶ目と感性の高さによる

画期的なシステム「一万円選書」の人気が継続している

事からです。

本が大好きな私としても、とても気になるのですが

なにしろ遠い・・・私はまあまあ西の方におりますので・・・

自分なら、どんな本を選んでもらえるんだろう?

とワクワクしてしまいますね♪

この一万円選書がどんなシステムなのか

他におもしろいシステムはないのか?などなど

調べてみました。

~目次~

1.いわた書店さんについて

2.一万円選書の申し込み方法は?送料は?どれくらいで届くの?

3.他になにかおもしろい企画はある?

4.全国で同じようなシステムの本屋さんは無いの?

1.いわた書店さんについて

いわた書店さんは、北海道砂川町にある

その名のとおり個人書店さんです。

緑色の外壁と、看板のフォントが

とってもかわいい、すてきなお店ですね☆

こちらはいわた書店さんのインスタグラムから

お借りしてきました。

(有)いわた書店 岩田 徹

〒073-0161 北海道砂川市 西1条北2丁目1-23

TEL        0125-52-2221

FAX        0125-52-4005

営業時間  月~金  9:00~18:00

土・祝日 10:00~12:00

日曜定休

店長おひとりで経営されているのでしょうか?

18時には閉まっちゃうんですね。。。

そして土曜は半ドン。

うん、のんびりしていてとても良いです♪

おお!これは!!

先日私がこちらの記事で紹介した

人気音楽ユニット「AAA」のラップ担当メンバーSKI-HIさんが、初の声優に挑戦することになりました。その初声優の役柄が「こぐま」である事が明らかになり、大変話題になっています。4月3日(火)放送、朝の情報番組「ZIP!」でインタビューやアフレコの風景が公開されました4月3日(火)放送、朝の情報番組「ZIP!」でインタビューやアフレコの風景が公開されました。Twitterからのスピード大出世作品「こぐまのケーキ屋さん」とはどんな作品なのか?SKY-HIさんはどんな声でアフレコしたのか?調査しました。

「こぐまのケーキ屋さん」ではないですか!

やはり全国的に人気になってしまっていますね☆

お。こちらのハッシュタグに

♯一万円選書 の文字がありますね。

岩田店主おススメの一冊と言ってよいのでしょう。

2.一万円選書の申し込み方法は?送料は?どれくらいで届くの?

一万円選書が話題を呼んでから、どんどん

ユーザーが増えていったようで

今では年に数回の抽選制になっているようですね。

なんだか日本酒の「獺祭」がブームになって、小さな蔵元

なので製造が追いつかなくなって抽選制になったのと

同じような感じですかね・・・

仕方ないですが、それだけ

皆から求められる確かな良いもの、と言えるのでは

ないでしょうか。

一万円選書の抽選エントリー方法を

いわた書店さんのHPで確認してきました!

最近の抽選エントリーが、

4月5日から1週間ほど?だったようで

申し込みと抽選が終了したばかりでした。

(4/17現在)残念。

しかし、

「今後は毎月ごとに発表していきます」

と書いてあります。

これは、今回(4月)にエントリーした方々の中から

毎月、5月、6月、7月と抽選を行うという

事のようです。

だから、今回のエントリーから

各月10人ずつくらいだとすると、

合計40人くらいが当選できる。

4月にエントリーして、4月は落選しても

5,6,7月に当選するかもしれない!

という事みたいです。

でもテレビに出るからまた、注文殺到してしまうのでは

ないでしょうか・・?

なんと、噂では一回のエントリーで

3000人とか!?

何百人に1人の確率ですね・・・

例年の流れでは、次のエントリーは8月の予定!

次こそはエントリーしてみたい!

そう思った方!

お店のHP、Facebook、Instagramをフォローして

日々チェックしていると、

抽選エントリー開始のお知らせのアナウンスが

入ってくるようです。

そしてエントリー日から、フォームにアクセスして

申し込みをするシステムみたいですね。

とりあえず、アカウントを持っている方は

いわた書店さんをフォロー。

持ってない方は、HPをブックマークしておきましょう。

そして、エントリー期間終了後、

厳正なる抽選の上で

当選者の方々に

メールが送られてくるようです。

岩田さんからの、ていねいなお手紙も入っているようで、

とても温かみを感じます。

いいなあ~☆

当選した方々、それぞれ冊数やジャンルが

違います。

エントリーをするときに、自分の好みや興味のあるものなどのアンケートを書いて、

それに基づいて岩田さんが自ら1冊1冊選んでくださいます。

そこが人気なんでしょうね!

きっちり1万円になるように選ぶのにも

とても手間がかかるのが、よくわかります。

そして、気になる送料ですが

1万円は、送料込みの値段です。

あれ?

だとしたら、沖縄の方が申し込んだら

送料だけで1冊分くらいになりそうな気がしますが

それでも、そんなこと言っていられないくらいの

価値が、本好きな皆さまにはあると思います!

3.他におもしろい企画はある?

いわた書店さんのHPを見る限り

従業員の数もそんなに多くないはずですから

一万円選書以外の大きなプロジェクト的なものは

なかなか難しいと思います。

岩田店長ご自身は、今回のテレビ出演もですが

砂川町の活性化のためにもいろいろと活動されており、

講演なども行われているようです。

他の販促アイデアや、画期的な事がまた

今回の放送をきっかけに始まるとよいですね☆

Instagramの投稿を見ているだけでも

とても楽しいですよ!

本当に本を愛している本屋さん、という感じが

あふれています。

4.全国で同じようなシステムの本屋さんはないの?

お金を払って、選んで送ってくれる

という事まではできないのですが

アンケートに答えると、自分に合った本を

ピックアップして紹介してくれる

というサービスを

サンクチュアリ出版さんが実施しています。

http://www.sanctuarybooks.jp/rbook

また、子どもさん向けになりますが

好みで選ぶのではなく、

その時期に読んでほしいおススメの本を

毎月1冊ずつ配本してくれる、

クレヨンハウスさんの「絵本の本棚」

http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/bookclub.aspx

0歳から小学生までが主ですが、大人のための絵本の

コースもあります。

一万円選書さんの魅力とは少し違いますが、

なかなか本屋に行ってゆっくりと本が選べない方や、

本を読みたいけれど、何を読もうかピンと来ない方などに

はとてもいいサービスだと思います。

まとめ

「プロフェッショナル 仕事の流儀」で

北海道砂川町のいわた書店さんが紹介されます。

一万円選書で有名になった岩田徹店長の

これまでのいろいろな思いや、

一万円選書に申し込んでくれたお客様の

1人1人を思って選ぶ、本への愛情など

どんな話が聞けるのでしょうか。

地方の小さな商店は、大型店やネット販売に押されて

閉店の危機に陥り、店を閉めていくところもとても

多くなってきています。

スマホやタブレットで読書も手軽で良いですが

大好きな本くらいは、たまには

ずしっと手に重みを感じながら

紙の香りを楽しみながら

ゆっくりと読んでみるのも良いのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする