【ガキつか】トイレの水がかかるゲームって?世界のテーブルゲームがおもしろい

みなさんこんにちは!みかんです!

3月4日(日)23時から放送の

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」が

世界のテーブルゲームで遊んでみる、

というテーマみたいですね。

うちには息子が一人いるのですが、

暇な時には、ずーーーーーっとスマホでゲームか

3DSでゲームか

プレステでゲームをしています(勉強してください)

テーブルゲームもしてますけどね。

デュエマですけど。

小さい頃から、もう少しオセロとかチェスとか

将棋とか教えておけばよかったな~と思っています。

そんなわけで、今回

ガキつかで使用されるのはこれかな?と私が予想したものを

調べてみました!

息子の脳トレになるようなものがあるといいな♪

紹介されるゲームの内容からひも解いてみましょう。

  1. トイレの水がかかるゲーム
  2. あだ名をつけて記憶するゲーム
  3. トークしながらこっそり上がるゲーム

1.トイレの水がかかるゲーム

「きたなーい!どうやってトイレの水がかかるの??」

と、最初思いました。

リアルに自分の家のトイレの水かと思いましたから(笑)

しかし、全然汚くありませんでした!

おそらく

『Toilet Troble』

というゲームで遊ぶのではないでしょうか?

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91MecUZml2L._SL1500_.jpg

amazonの商品イメージをお借りしてきました。

どうやらアメリカ発のゲームで、昨年発売されてから

ものすごく売れ行きが良いようですね。

ゲームの内容は簡単で、

ルーレットを回して、出た目の回数だけ水洗レバーを引くと

アトランダムに水が便器から飛び出して、顔にかかるという

ロシアンルーレットのようなゲームです。

お部屋の中で遊ぶとちょっと水浸しになりそうですが

とっても盛り上がりそうです!

でも、息子の脳トレにはなりそうもないな^^;

そして、残念なのですが

画像を見ていただいてもわかるように、

日本ではまだ未発売のようです。

2.あだなをつけて記憶するゲーム

記憶というワードは、脳トレにもいいですし

小さいお子さんでしたら、脳を活発に使いそうですから

早期教育にもいいかもしれないですね。

と期待して、調べてみました。

これの事かな?と思います。

『ナンジャモンジャ』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41JqewxlpiL.jpg

なんだか日本のおもちゃっぽいですよね、名前も。

でもおそらく、製作者の名前見てみると

ロシアのゲームおもちゃなのではないかと思います。

というか、ベストセラー1位じゃないですか!

ゲームの内容は、ガキつかの予告通り、

カードをめくって出てくるキャラクターに

名前をつけていって、それを記憶しておき、

また後から出てきた時に忘れてたら負け。みたいn

感じのようですね。

うーん、これは頭を使いそうです。

パッと見て、自分のセンスであだ名をつけられて、

それに「なぜそのあだ名をつけたのか」をしっかりと

意識づけされていれば、

出てきた時に思い出しやすい、という

頭の中の整理と、とっさの判断力みたいな力が

自然と身について、小さなお子様にも

とてもいいのではないでしょうか。

3.トークしながらこっそり上がるゲーム

何でしょうか(笑)

ごめんなさい、これは本当にまったく見当がつきません!

もしかして、カードや器具を使わない

どこかの国のゲームかもしれませんね。

でも、ガキつかメンバーがいつものようにトークしながら

いきなり

「あ、おれ上がったわ~。」と

しれっと言うのは誰になるんだろう??

と、番組がより楽しみになりますね!

まとめ

3月4日(日)放送の

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」

略しておなじみガキつかのテーブルゲーム特集に先立ち

ゲーム予想してみました。

本当にこれが使われるのかは、番組を見てのお楽しみに

なりますが、お家で遊ぶのにも

とっても盛り上がりそうなゲームだという事が

わかりましたね。

興味を持たれた方は、

ぜひ試してみられてはいかがでしょうか?

Toilet Trobleは、amazonU.S.Aにてご購入下さい♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする